FC2ブログ

ふぐの旅

12月8日年末忘年旅行、同期の連中と出かけました。
京都でレンタカーを借りて敦賀まで行ってきました。

19-12-8douki (6)
まずは彦根城

19-12-8douki (14)
大きなお城だが天守閣はこじんまりしている

19-12-8douki (21)
琵琶湖を望む

19-12-8douki (23)
雪をかぶった伊吹山

19-12-8douki (27)
石田三成の居城があった佐和山

19-12-8douki (26)

19-12-9douki (7)
敦賀の「漁師の宿なかい」

19-12-8douki (32)
ふぐ料理を堪能しました

19-12-8douki (31)

19-12-9douki (1)
漁船の先には敦賀原発が望める

19-12-9douki (11)
沖の島は水島、小さく見えるが砂浜が大きく広がって海水浴場になる

19-12-9douki (25)
気比大社

19-12-9douki (29)
芭蕉の句碑がある

19-12-9douki (20)
敦賀ムゼウム ユダヤ難民を救った杉原千畝の記念館

19-12-9douki (31)
帰りがけに信楽に寄る 今日は(9日)検修日で運休
スポンサーサイト



「集金旅行」魅力に迫る会

img002-1.jpg
劇団民藝公演  2020年1月16日から19日まで岡山市民会館

みやざこ夏穂さん(2015年の民藝公演「海霧」にも出演)をお迎えして
集金旅行の見どころをたっぷり語ってもらいました。

アパートの家主がポックリ亡くなり途方に暮れる住人達、借金の形になった
アパートに住み続けるには亡くなった家主に代わって借金を返済しなければならない。
知恵を絞った結果、家賃を踏み倒して逃げた元住人の家賃を取り立てて返済に充てる
ことになった。借金取りに仕立てられたのが「ヤブセマスオ氏」(西川明)そして
そこに便乗して「コマツランコさん」(樫山文枝)が自分をだました男どもから
慰謝料をせしめるために同行することになった。

2019-11-29-01.jpg
井伏鱒二の小説を舞台化、過去に何度か映画化されたが舞台ではどう話が展開していくのか
みやざこさんに熱く語ってもらいました。

主役の二人も気になりますが山陽路から九州まで各地に落ち着いて畏まっているもの、
尾羽打ち枯らしたもの、それぞれを演じる「民藝」のベテラン俳優達、彼らの演技も見逃せない
「民藝」の層の厚さに圧倒される舞台になりそうです。

2020年1月16日から19日まで岡山市民会館で、ワクワクの舞台になりそうです。

魅力に迫る会は次の公演に出演する俳優、演出の人たちを招いて公演の見どころなどを
語ってもらう会です。さらに演劇を創る人たちの熱い情熱に触れることができるまたとない機会です。

ぺてん師タルチュフ

岡山市民劇場475回例会 無名塾
19-11nakadai.jpg
仲代達矢主演

待ちに待った仲代達矢、5年前の「ロミオとジュリエット」が
最後といわれていたので来演は素直にうれしい

敬虔な神職者を装い、主人の財産かすめ取り、その上妻までたらし込もうとする
稀代の悪党「タルチュフ」!!
主人の「オルゴン」はタルチュフが妻に言い寄る姿を見て正体を見抜いたが後の祭り
神職者の仮面を脱ぎ捨て卑しいぺてん師の正体を現した「タルチュフ」さあどうなるのか
最後のどんでん返しまで目が離せませんでした。

主人の前では敬虔な神職者の顔、妻に言い寄る卑しい顔、そして正体を現したときの
ぺてん師本来の顔、変幻自在の演技に圧倒されました。

演劇に出会えて良かった、仲代さんの生の演技を観られて本当に良かった。


大山 烏ヶ山

快晴の9日土曜日かりんさんとみき姉さんとご一緒しました

2019-11-09 karasu (3)
抜けるような青空

2019-11-09 karasu (5)
新小屋峠登山口

2019-11-09 karasu (13)
稜線に出ると烏ヶ山が覆い被さるように迫る

2019-11-09 karasu (17)
眼下に鏡ヶ成、その背後は擬宝珠さらに大ナメラ、皆ヶ山、上蒜山と連なる

2019-11-09 karasu (18)
矢筈ヶ山

2019-11-09 karasu (20)
西から眺めると文字通り翼を広げた烏そのものだが
こちら側からは本峰のドームが迫ってくる

2019-11-09 karasu (26)
正面登山道と合わさってすぐに宇多田岩

2019-11-09 karasu (29)
南峰

2019-11-09 karasu (31)
一旦コルに下がって登り返し 足もと悪し

2019-11-09 karasu (35)
とうちゃこ

2019-11-09 karasu (36)
雲が出てきた

2019-11-09 karasu (46)
登路に採った新小屋峠からの尾根

2019-11-09 karasu (47)
紅葉は盛りを過ぎているが息をのむようだ

2019-11-09 karasu (49)
標柱は新小屋峠との分岐 正面からの道はこの直下が大きく崩壊して危険

2019-11-09 karasu (54)
地震で崩壊してその後も安定しない

2019-11-09 karasu (57)
刈り払いをしていないのでクマザサをかき分けるように進む
結論として新小屋峠からの登山道を上った方が安全快適だ

大山 川床~大休峠~親指ピーク~宝珠尾根

先日に引き続き今日(30日)は川床から

2019-10-30 daisen 001
このあたりはまだ緑が濃い

2019-10-30 daisen 003
なら枯れが深刻 はたしてくい止められるか

2019-10-30 daisen 019
大休峠まずまずの紅葉

2019-10-30 daisen 034
野田ヶ山に進む

2019-10-30 daisen 038

2019-10-30 daisen 045
東谷 三鈷峰の崩壊がすさまじい

2019-10-30 daisen 059
親指ピークが近づく

2019-10-30 daisen 060
手前の岩峰も中々のものだ

2019-10-30 daisen 063
野田ヶ山、矢筈ヶ山、甲ヶ山を望む

2019-10-30 daisen 068
大休谷の紅葉

2019-10-30 daisen 076
親指ピークを下る 崩落が容赦なく進む

2019-10-30 daisen 079
振子山から槍ヶ峰を望む

2019-10-30 daisen 083
振子沢の紅葉

2019-10-30 daisen 090
ピークは象ヶ鼻 右はユートピア小屋

2019-10-30 daisen 098
烏ヶ山

2019-10-30 daisen 101
三鈷峰

2019-10-30 daisen 104
矢筈ヶ山と甲ヶ山 黄砂の影響で霞む

2019-10-30 daisen 110
上宝珠越 砂すべりは砂が流れて危険、やはり進むなら夏までに

2019-10-30 daisen 113
宝珠尾根の紅葉の状況

2019-10-30 daisen 120
ブナに残る落書き 昭和37年すでに60年が経過・・・むごい

2019-10-30 daisen 130
宝珠山

2019-10-30 daisen 133
中ノ原ゲレンデ スキーシーズンに向けて準備が進む
プロフィール

ならづのオッチャン

Author:ならづのオッチャン
岡山市郊外の「吉備の中山」を眺められる地区が住み処です。時々「吉備の中山」を歩いています。

性格は少し短気ですが決して「ならず者」ではありません。山と演劇鑑賞を愛する平和なオッチャンです。

所属している「岡山勤労者山岳会」では会員を募集中です。
メールフォームからご連絡をお願いします。詳しく案内をします。

同じく「岡山市民劇場」でも会員を募集中です。
カテゴリ中の市民劇場をクリックしていただければ詳しい説明があります。

リンクの「山行とハイキングの記事一覧」をクリックすればブログ内の記事にかんたんにアクセスできます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
私のHPです
ならづもの登山記
ブログにアップされた記事から選んでHPに編集します。
カウンター
FC2ブログランキング
ランキングに参加しております

FC2Blog Ranking

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード