FC2ブログ

鹿島槍ヶ岳

近日中にホームページに公開予定、乞うご期待!!

14日からの三連休、山は大賑わい
K会長、まさこ姉さん、ゆり姉さん、そしてメルヘンの世界を漂うゆみ姉さん
の5人で挑んできました。

2019-09-14 kasimayari 002
すでに駐車場は空きなし 一㌔ほど下に駐めました

2019-09-14 kasimayari 015
針木岳と蓮華岳 鞍部に水晶岳が覗く

2019-09-14 kasimayari 034
爺ヶ岳南峰から剱岳 小屋は種池山荘

2019-09-14 kasimayari 047
鹿島槍ヶ岳 小屋は冷池山荘

2019-09-14 kasimayari 053
冷池山荘に着いてお茶でくつろぐ 小屋は定員いっぱいの250人宿泊
一つの布団に二人 すし詰めでした

2019-09-15 kasimayari 013
15日の朝 安曇野は大雲海

2019-09-15 kasimayari 022
鹿島槍ヶ岳山頂は大繁盛

2019-09-15 kasimayari 023
登ってきた縦走路ピークが三つは爺ヶ岳 遠くに槍穂高連峰

2019-09-15 kasimayari 046
下山時 種池山荘でピザを食す
腰を上げて歩こうとするとゆみ姉さんが「ピザを注文したから待って」
休憩は5分と言ったじゃないの!!「でもおいしそうだったから」
「ホント!!やっぱりおいしいね!!」いろいろな意味でお疲れのゆり姉さん

2019-09-16 momiji 002
下山して宿泊した「もみじ家」お勧めです

2019-09-16 momiji 004
ちひろ美術館に寄りました


スポンサーサイト



槍ヶ岳

ホームページにアップ完了お楽しみ下さい。

25日から27日にかけて新穂高から双六池にテン泊、西鎌尾根を槍ヶ岳に登り
さらに大喰岳、中岳、南岳と3000㍍峰を縦走して南岳にテン泊、最終日は氷河公園を
経由して上高地に下山しました。

2019-08-25 sugoroku 042
鏡池から槍ヶ岳

2019-08-25 sugoroku 061
双六のテン場

2019-08-26 yarigatake 086
千丈沢乗越から槍ヶ岳に苦しい登り

2019-08-26 yarigatake 114
遭難者を収容に来た県警ヘリ 危険なのでしばらく通行止め
ホバリングで収容ならザックは放置だが着陸するのでザックも一緒

2019-08-27 minamidake 010
南岳から大キレット

2019-08-27 minamidake 062
天狗池の逆さ槍

雲は多かったものの晴天続きでラッキーでした

剱岳

南ア、北岳バットレス登攀の予定でしたが台風襲来で
北ア、剱岳八ッ峰に転進しましたが天気が安定せず
取り付けませんでした。 少し消化不良です

2019-07-26 turugi 041
26日剱沢 テントを張ってくつろぐ

2019-07-26 turugi 042
雲が多い 夜半過ぎに猛烈な雨

2019-07-27 turugi 024
翌27日天気は回復したが午後から雨予報 突っ込んだら確実に雨に捕まる
今回は縁がないと言うことで引き上げる 帰りがけ別山から

2019-07-27 turugi 033
剱御前に寄ってみる 普段行くことがないので行ってみたら穴場でした
鞍部に剱御前小屋 ピークは2792㍍ 剱御前の山頂標識があった

2019-07-27 turugi 042
2777㍍三角点 地形図ではこちらに剱御前の標記がある 登山道はここまで

室堂まで下ったら雨になる

剱岳源次郎尾根~長次郎谷

ホームページにアップしました

5月2日から4日にかけて遠征してきました
2日は剱沢まで3日に源次郎尾根を登り4日に帰る

2019-05-03 turugi 002
朝5時快晴 未明まで強風が吹き荒れ出発を躊躇していたが風が落ちたので行く

2019-05-04 turugi 002
1峰頭までのルート

2019-05-03 turugi 020
6時20分 出合いで出発準備、今日は5人で挑む
無雪期はみんな経験があるがこの時期は始めて

2019-05-03 turugi 021
6時50分 先行の2組がルンゼを登る

2019-05-03 turugi 023
7時40分 先行組みはルンゼを詰めて枝稜線の頭まで

2019-05-03 turugi 028
8時5分 枝稜線の頭から岩を乗り越えて源次郎尾根主稜線へ進む

2019-05-03 turugi 033
1峰をめざす

2019-05-03 turugi 035
8時15分 1峰の頭まで急傾斜の雪壁を登る この傾斜が頭まで続く
ピッケルを打ち込みアイゼンを確実にけり込み一歩一歩登って行く、ふくらはぎがパンパン

2019-05-03 turugi 037
1峰に続く岩稜を先行する2組

2019-05-03 turugi 040
剱沢のテン場が望める

2019-05-03 turugi 043
8時半 一息入れる紅一点のみほちゃん
この岩は二枚前の画像の先行組がいる岩
休めるところはここぐらい、他は見あたらない

2019-05-03 turugi 042
あまりの難ルートに表情を堅くするウッチー、りょうくん、やすべえさん
1峰の頭まで気を抜けるところはない。絶対に失敗は許されない。落ちたら確実に死ぬ
リーダーのウッチーが支点がとれないからロープは出せない、みんな頑張れと引導を渡す。
「話が違うぞ!!なにが初級ルートだ!!」ガイドブックを信じたあなたが悪い
もう戻れない歯を食いしばって登るだけだ。

2019-05-03 turugi 048
八ッ峰5峰まで

2019-05-03 turugi 049
5峰より上部

2019-05-03 turugi 061
後立山連峰 鹿島槍、五竜岳 手前は八ッ峰1峰

2019-05-03 turugi 054
それでも上の方は傾斜が緩みホッとする
頂上リッジ手前でロープを出す

2019-05-03 turugi 063
9時50分 1峰の頭にたどり着いたりょうくん

IMG_0829-1.jpg
私も続く

2019-05-03 turugi 065
確保してもらい1峰頂上リッジにたどり着いたみほちゃん

2019-05-03 turugi 064
2峰を登る先行の2組 2峰の上は本峰、まだ遠い

IMG_0822-1.jpg
1峰と2峰のコルに確保してもらいクライムダウンする私
ロープがいっぱいで中間で切りスノーバーで支点を作る

2019-5-3-0823-1.jpg
11時15分 2峰の取り付きからの1峰
つるべでトップのウッチーとラストの私がスノーバーを打ち込み確保している

2019-05-03 turugi 070
2峰の登り 1峰よりは傾斜がゆるむ、ハイマツが出ているので
中間支点を確保してコンテで進む

2019-05-03 turugi 072
11時50分 2峰の頭

2019-05-03 turugi 073
12時10分 トップは懸垂地点に到着したようだ、ナイフリッジを慎重にたどる

2019-05-03 turugi 074
12時40分 2峰懸垂下降の準備中 懸垂支点の鎖がかろうじて出ていた

2019-05-03 turugi 079
真っ直ぐ下りれば大丈夫、振られるようなことはない

2019-05-03 turugi 082
13時 懸垂下降終了
この地点でみんな緊張が続き、疲労困憊 もう登りたくないと悲鳴を上げる
頂上はガスが出て見えなくなってきた さらに別山尾根の下降も簡単ではない
そこで長次郎谷左俣に下降する、斜面の傾斜は緩く雪崩の心配はなさそうだ

2019-05-03 turugi 087
13時40分 左俣のデブリを踏んで長次郎谷を下降する

2019-05-03 turugi 093
トレースの上の岩が熊ノ岩
5時過ぎヘロヘロになってテン場に戻る、明日は好天の予報なのでテントが増えている
明日、源次郎に挑むグループがルート状況を聞きに来るが
半端なルートではない強い決意で挑めとアドバイスする

翌朝テントを撤収していると一人滑落の報がはいる
無事ならいいが

快晴 乗鞍岳

長らくお待たせしましたホームページにアップしました

9日、10日乗鞍スキー場のリフトを利用して7人で登りました
リフトの終点から山スキーヤーに混じり位ヶ原を目指す
出来るだけ高度を稼ぎたいが重荷と急登に苦しみ2400メートルあたりに
テントを張る。

2019-02-10 norikura 001
夜半から未明にかけて30センチ以上積もる

2019-02-10 norikura 006
10日は7時に出発 スノーシューはワカンより快適だ

2019-02-10 norikura 032
左は剣ヶ峰、右は朝日岳 ガードロープはエコーライン

2019-02-10 norikura 034
トイレの陰で風を避けアイゼンを履く -20℃を切る

2019-02-10 norikura 045
摩利支天峰の下の左は宇宙線観測所、右は肩の小屋
ピークに建つのは旧コロナ観測所 遠くに穂高連峰

2019-02-10 norikura 052
朝日岳のコルから剣ヶ峰と大日岳

2019-02-10 norikura 055
頂上の鳥居についた見事なエビのしっぽ

2019-02-10 norikura 063
強風に苦しめられたが10時15分とうちゃこ!!
みんな鼻やほおが凍傷になる
頂上の社の陰は風が避けられる


強風にあえぐウッチーとユリ姉さんです
プロフィール

ならづのオッチャン

Author:ならづのオッチャン
岡山市郊外の「吉備の中山」を眺められる地区が住み処です。時々「吉備の中山」を歩いています。

性格は少し短気ですが決して「ならず者」ではありません。山と演劇鑑賞を愛する平和なオッチャンです。

所属している「岡山勤労者山岳会」では会員を募集中です。
メールフォームからご連絡をお願いします。詳しく案内をします。

同じく「岡山市民劇場」でも会員を募集中です。
カテゴリ中の市民劇場をクリックしていただければ詳しい説明があります。

リンクの「山行とハイキングの記事一覧」をクリックすればブログ内の記事にかんたんにアクセスできます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
私のHPです
ならづもの登山記
ブログにアップされた記事から選んでHPに編集します。
カウンター
FC2ブログランキング
ランキングに参加しております

FC2Blog Ranking

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード