FC2ブログ

大山北壁 滝沢西リッジ(弥山東稜)~弥山尾根(弥山西稜)

2月24日詳細をホームページにアップしました。

22日、労山のMリーダーと行ってきました。

前日、満天の星空の下、元谷小屋に21時過ぎ入る。元谷は神々しい雰囲気だった。
小屋は満員ですでにみんな就寝している。熱いお茶だけ飲んで我々も寝る。
翌朝、早くも天候悪化の兆しだ。素速く準備をしてヘッドランプを点けて出発する。

09-2-22takisawa 002
雪崩の心配がないので直接取り付き点に向かう。
通常は弥山尾根の取り付き点からトラバースする。
兵庫労山の3人が先に取り付いていたが先行させてもらう。

09-2-22takisawa 005
尾根の末端から右に少し上がる 7時に取り付く

09-2-22takisawa 011
夜が明ける 画像ではわからないがうろこ雲がすでに浮かんでいた

09-2-22takisawa 012
2,3ピッチが岩が出ていて緊張した。7ピッチまではスタカット、そこからコンテで上がる。
厳しいのはここまで稜線まで傾斜は緩む。登攀中の写真はありません

09-2-22takisawa 014
お茶を飲んで一服

09-2-22takisawa 015

09-2-22takisawa 016
10時頃稜線に出るが強風が吹き荒れあっという間にサングラスが吹き飛ぶ
縦走の予定だったが危険なので隣の弥山尾根を下降する。

09-2-22takisawa 020
弥山尾根をクライムダウンする。天気が持ち直して別山が望める。

09-2-22takisawa 029
13時過ぎだがまだ登攀中の人影が見える

追記
大山遭難防止協会の概念図では滝沢西リッジは弥山東稜 弥山尾根は弥山西稜
となっているが岡山労山では以前からの名称で呼んでいるのでそれに基づいています。
スポンサーサイト



大山7合尾根~縦走

2月21日ホームページに詳細をアップしました。

労山の仲間5人で行ってきました。
2月13日深夜11時に元谷小屋に入る。小雨、強風、気温+10℃異様に暖かい。
強風が一晩中小屋をゆする。翌朝、雨は上がるがガスが掛かり気温も上昇。
滝沢尾根を登攀の予定だったが雪の状態よくないので早々に沈澱を決定。
それでも九州からの遠征組は登っていった。

09-2-15hatigou 002
することが無いので一日中食べていました

明けて15日、多少気温が下がったもののそれでも+4℃
雪の状態を考慮して7合尾根から縦走に計画変更

09-2-15hatigou 028
沢を隔てて別山 雪が無くなって春のようだ

09-2-15hatigou 034
上がるにつれ雪が締まりアイゼンがよく効く

09-2-15hatigou 043
頂上小屋の様子 風車の柱は2本途中から折れていた

09-2-15hatigou 049
縦走開始 ロープはラクダの背の手前で結んだ

09-2-15hatigou 057
剣ヶ峰

09-2-15hatigou 064
弥山を望む 雪が少なくて雪庇も無く、ここまで困難な箇所は無かった

09-2-15hatigou 071
宝珠尾根の下降地点 三鈷峰を望む

09-2-15hatigou 099
北壁の様子 もう少し雪が着かないと落石が怖くて登れない

ところで元谷小屋に戻ると置いていた荷物が荒らされバイルなどが無くなっていた。
以前にもデポしていた装備が被害にあったこともあるので注意が必要だ。


山口県光市室積(むろづみ)

所用があり山口県光市に7,8日で行ってきた。
ホテルの会議室に二日とも缶詰にされて、行き帰りとも、どこにも寄らず。
せっかく知らない街に行ったのに疲労感だけが残るが、8日の早朝
近くの室積の町並みを散策した。

泊まったのは今、国会で疑惑追及中の「かんぽの宿 光」
日帰り温泉施設を併設して土日ということもあって賑わっていた。

09-2-8hikari 013
室積漁港からのかんぽの宿

09-2-8hikari 005
藩政時代は重要な港だったようだ

09-2-8hikari 006
風情のある町並みが残る

09-2-8hikari 010
早長(はやおさ)八幡宮 郷社 立派なお宮だった

09-2-8hikari 008
朝日が昇る

ホテルを出たのが7時前で30分程度うろついただけ。歴史的にも興味深い街なので
もう少し散策したかったが残念。また来る機会があれば・・・まあ無いだろうな

ところで土産を買おうとホテルの土産物コーナーをのぞくと懐かしい物を見つけた。
「鳩子の海」山口を舞台にしたNHKの朝の連続ドラマで、斉藤こず恵が子役で
出ていて可愛かったのを思い出した。いつだったか筋書きも覚えていないが、
それにちなんだお菓子。

09-2-8hikari 015
調べると昭和49年に放送された なかなか美味しかった

しかしパッケージを見ただけで30年以上も前に放送されたドラマを思い出したのは
我ながら可笑しかった。

テーマ : 旅先での風景
ジャンル : 旅行

甲岩岩トレ

今日、労山新人岩トレに11人で行ってきました。
全くの初心者が若い女性2名、男性1名 おじさん達は張り切っている。
というわけでリーダーが手取り足取りみっちり指導して下さいました。

09-2-1kabuto 002
甲岩頂上で準備中の面々

09-2-1kabuto 006
基本的な登り方を指導中 「ここに足を置いて!!」

09-2-1kabuto 010
ロープを延ばし実際に登ってみる 「岩から体を離して!!」

09-2-1kabuto 014
懸垂下降 最初の一歩がなかなか出ない 万が一に備えてバックアップを取る
「しっかりロープに体をあずけて!!」

09-2-1kabuto 017
怖いけど慣れると楽しい懸垂下降

日中は日が差さず少し寒かったが新人メンバーは感じる余裕は無かったろう。
久しぶりの岩は楽しかった
プロフィール

ならづのオッチャン

Author:ならづのオッチャン
岡山市郊外の「吉備の中山」を眺められる地区が住み処です。時々「吉備の中山」を歩いています。

性格は少し短気ですが決して「ならず者」ではありません。山と演劇鑑賞を愛する平和なオッチャンです。

所属している「岡山勤労者山岳会」では会員を募集中です。
メールフォームからご連絡をお願いします。詳しく案内をします。

同じく「岡山市民劇場」でも会員を募集中です。
カテゴリ中の市民劇場をクリックしていただければ詳しい説明があります。

リンクの「山行とハイキングの記事一覧」をクリックすればブログ内の記事にかんたんにアクセスできます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
私のHPです
ならづもの登山記
ブログにアップされた記事から選んでHPに編集します。
カウンター
FC2ブログランキング
ランキングに参加しております

FC2Blog Ranking

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード