FC2ブログ

タン・ビエットの唄

8月25日市民劇場の例会です。TSミュージカルファンデーション公演

10-8-25reikai001.jpg
「タン・ビエット」とはベトナム語でさよならを意味するらしい
ベトナム戦争は終ったものの戦後の混乱が続く90年代のベトナムが舞台
姉の消息を尋ねて20年ぶりに祖国へ戻った「フェイ」安寿ミラさん
捜しまわるうちに知る姉「ティエン」土居裕子さん の衝撃の事実

戦争によって引き裂かれた姉妹を絶望の淵に追い込む過酷な運命・・・
クライマックスはまあ、ほっとできます。観ていて力が入りました。
スポンサーサイト



前穂高岳屏風岩東稜

詳細をホームページにアップしました。

17日についにあこがれの屏風岩東稜ルートを登ってきました。

10-8-18byoubu107.jpg

前日まで天気予報はイマイチでしたが夜は満天の星空になり
晴天を確信して午前3時半に涸沢を出発。横尾の岩小屋付近で
横尾谷を徒渉して1ルンゼをT4尾根の取り付きまで詰め、
そこから登攀の開始、T4尾根はアプローチと言われるが
そんなあまいものではない。始めの2ピッチは必死で登った。

10-8-17byoubu022.jpg
T4尾根取り付き

さらにT3を経てT2から東稜に取り付く。6ピッチでほぼ人工登攀となる。


10-8-17byoubu038.jpg
2ピッチ目

10-8-17byoubu055.jpg
横尾山荘を望む

10-8-17byoubu065.jpg
屏風の頭直下のヤブコギ

6人で3組に別れ連なって登ったが終了したのは午後4時半。
そこから屏風の頭、屏風の耳を経て涸沢にヘッデンを点けて
帰り着いたのは7時半になった。

ヒュッテにいた登山者に「登ってくる途中、屏風岩を登っているのを
見ました。すごい!!」と祝福されてうれしやら、はずかしいやら

すごい高度感でしたが横尾谷の流れと常念岳の眺めが印象的だった。
屏風岩の感想はただ一言「きびしい」に尽きる。

最後に残念な報告ですがカメラの不調で写真が全滅です。
データ回復ソフトを使ったらデータが元通りになりました。「やれやれ」


鷲の巣岩 特訓

アッセンダーを買ったのでソロで登れるようになりました。
今日は早朝からアブミの特訓に出かけました。
岩の傾斜が緩くてピンの間隔が短ければアブミの掛け替え
はさほど難しくありません。
しかしオーバーハングしていてピンの間隔が遠ければ
ごまかしは効きません。アブミが逃げないように乗るのは
理屈ではなく練習しかありません。

と言うことでいくらかでも涼しいと思い6時に出かけましたが
そよとも風はありませんでした。奮闘むなしく頭がクラクラしてきたので
あえなくダウン、2リットルを飲み干し全身汗でずぶ濡れとなり
9時に鷲の巣を後にしました。

何本かウオームアップをすれば良かったかも張り切りすぎました。

wasinosu.jpg
真正面がルートです

白桃の収穫

例年ならすでにラストスパートに入ってる清水白桃の出荷が
今年は生育が遅れやっとまとまった数の出荷が始まりました。

10-8-3momo.jpg
今年もカラスの被害が半端ではない
網、テープ、CD色々対策はしていますが決定打はありません

でも今年の桃は美味しいです。
少なくとも雨続きだった去年とは比べものにならないと思います。
プロフィール

ならづのオッチャン

Author:ならづのオッチャン
岡山市郊外の「吉備の中山」を眺められる地区が住み処です。時々「吉備の中山」を歩いています。

性格は少し短気ですが決して「ならず者」ではありません。山と演劇鑑賞を愛する平和なオッチャンです。

所属している「岡山勤労者山岳会」では会員を募集中です。
メールフォームからご連絡をお願いします。詳しく案内をします。

同じく「岡山市民劇場」でも会員を募集中です。
カテゴリ中の市民劇場をクリックしていただければ詳しい説明があります。

リンクの「山行とハイキングの記事一覧」をクリックすればブログ内の記事にかんたんにアクセスできます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
私のHPです
ならづもの登山記
ブログにアップされた記事から選んでHPに編集します。
カウンター
FC2ブログランキング
ランキングに参加しております

FC2Blog Ranking

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード