FC2ブログ

大山北壁 弥山尾根西稜

ホームページに詳細をアップしました

快晴の絶好の登山日和 一冬に何度もあるものではない
労山の仲間7人で登ってきました

2015-1-25daisen043.jpg
右が別山 弥山沢を挟んで左が弥山尾根
弥山沢からの大きな雪崩が登路を埋めていた 左のデブリは滝沢からのもの
目の前の灌木帯まで登れば一応安全地帯

2015-1-25daisen052.jpg
スタカット、コンテを交えて3グループに分かれて登る ランナーは灌木で取る

2015-1-25daisen055.jpg
別山バットレス中央稜を登るパーティ

2015-1-25daisen078.jpg
後1ピッチで頂上稜線 一息入れる 後続が追いついてくる

2015-1-25daisen081.jpg
三角点ピークに突き上げる 弥山頂上の人だかり

2015-1-25daisen086.jpg
縦走を試みるもパウダーシュガーのような雪でアイゼンが決まらない
ラクダの背の頭までは踏み跡が確認できるが剣ヶ峰に向けてはノントレース
先行パーティがラクダのコブにスノーバーを打ち込み慎重に通過していく

我々はラクダの頭の先が核心と睨んでいたのでここから観察するがどうも状態が悪そうだ
この地点で無理をせず引き返す

2015-1-25daisen087.jpg
最高の天気なので剣ヶ峰の頂上に立ちたかったが
2月になればまた機会があるだろう


 
スポンサーサイト



見上げてごらん夜の星を

岡山市民劇場例会  イッツフォーリーズ公演

geki15-1.jpg
故いずみたく氏のミュージカル第一作となる作品の没後20年を記念した新演出によるリメイク版
舞台で上演している俳優達の奥に作品作りに苦悩する「いずみたく」氏も同時に描かれる

定時制高校を舞台にしているので教室のセットと思いきや何をイメージしているのか
段差と傾斜を組み合わせたセット、パンフによれば逆さまのグランドピアノをイメージ
しているらしい

最後に歌われた「見上げてごらん夜の星を」は感動した
さらにフィナーレで歌われたミュージカル曲のメドレーもすばらしかった


富栄山~ブナの森

2015年スノーシューハイク第二弾 富栄山に9人でアタック

fuei-map.jpg
夏道は富栄山と大空山との中間あたりの鞍部で稜線に出るが冬は尾根を外さないように登る
雪が少ないと尾根上部はネマガリ竹が押さえられてなくて苦労する

ブナの森は無名峰に便宜上つけた仮称です

2015-1-11fuei 005
のとろキャンプ場の駐車場から

2015-1-11fuei 012
前日のトレースが続いている 尾根を一つ乗り越して沢沿いに進む

2015-1-11fuei 021
夏道から離れて尾根に入る 急登が続くがトレースのおかげで順調に進む

2015-1-11fuei 043
稜線に出る、頂上まで一投足 分岐点にテープはある 
「がんばれ山頂まであと10分福岡苅田猿」 最近は見なくなったなあ

2015-1-11fuei 051
大空山から続く稜線 無雪季は背丈を超すネマガリ竹が両側から迫り、眺望はない

2015-1-11fuei 057
富栄山とうちゃこーーー!! トレースはここまで

2015-1-11fuei 059
展望台 積雪は50センチぐらい

2015-1-11fuei 061
鴨南蛮そば 天候がよかったのでコンロが使えたけど
欲を言えば避難小屋があれば最高なんですが

2015-1-11fuei 064
ノントレースのブナの森、乗幸山への稜線

2015-1-11fuei 072
とりあえずブナの森を目指す

2015-1-11fuei 080
ブナの森 周りは植林帯だがここだけ自然林が残っている

2015-1-11fuei 088
予報通り天気が下り坂 引き返す 右のピークが富栄山

2015-1-11fuei 097
急な下りはスノーシューは苦手 キャーー写さないでーーー!!
本日のベストショット

2015年新春 那岐山

2015年初登山は那岐山CコースからBコースへ
いつもの仲間6人で行ってきました

2015-1-3nagi 001
雪が深く4駆車でなんとか駐車場にたどり着く
スノーシュー4人、ワカン2人 Cコースは多くの登山者でトレースができていた
しかし朝一番に登った知人は新雪のラッセルで大変だったようだ

2015-1-3nagi 028
青空の下、快適な登りが続く

2015-1-3nagi 038
南峰

2015-1-3nagi 053
北峰(頂上)には一投足

2015-1-3nagi 057
頂上からの避難小屋、南峰

ところで避難小屋で「大山の風」たくやさんに出会う
ところがニアミスは何度かあったが出会うのは6年4年ぶり
声をかけられるまで気づきませんでした 申し訳ありませんでした

2015-1-3nagi 065
頂上 ここからスノーシュー、ワカンでBコースへ踏み込むがトレースが
あるにもかかわらず新雪に足を取られる Aコースにもトレースが延びていた

2015-1-3nagi 075
たくやさん達が追いついてきた

気温は高からず低からず 雪山の楽しさを満喫しました
プロフィール

ならづのオッチャン

Author:ならづのオッチャン
岡山市郊外の「吉備の中山」を眺められる地区が住み処です。時々「吉備の中山」を歩いています。

性格は少し短気ですが決して「ならず者」ではありません。山と演劇鑑賞を愛する平和なオッチャンです。

所属している「岡山勤労者山岳会」では会員を募集中です。
メールフォームからご連絡をお願いします。詳しく案内をします。

同じく「岡山市民劇場」でも会員を募集中です。
カテゴリ中の市民劇場をクリックしていただければ詳しい説明があります。

リンクの「山行とハイキングの記事一覧」をクリックすればブログ内の記事にかんたんにアクセスできます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
私のHPです
ならづもの登山記
ブログにアップされた記事から選んでHPに編集します。
カウンター
FC2ブログランキング
ランキングに参加しております

FC2Blog Ranking

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード