FC2ブログ

大山(雨あがりの行者登山道)

天気は思わしくないのを承知で花を訪ねて行ってきました。
当初は宝珠尾根をユートピアに行くつもりでしたが、雨あがりの
宝珠尾根の枝に着いたしずくで、ずぶ濡れになるのがいやで
行者道を弥山まで往復しました。

2016-5-30daisen 008
大神山神社の逆さ門 だいぶ明るくなったが糠雨が降り続く

2016-5-30daisen 016
元谷への登山道 杉の巨木の森

2016-5-30daisen 027
元谷 稜線のガスは取れない

2016-5-30daisen 029
行者登山道 新緑のブナ

2016-5-30daisen 039
今年も出会えた「ノビネチドリ」4株ほどあった

2016-5-30daisen 062
ガスが中々晴れず頂上で粘った結果 大雲海が見事です

2016-5-30daisen 067
イワカガミの群落

2016-5-30daisen 072
行者登山道を下っていたら束の間晴れました

2016-5-30daisen 078
頂上で出会った千葉からの三人組
ガスの晴れるのを待つ間、話をしていたら同じ労山の仲間とわかり
せっかく遠くから来てくださったので案内しました

2016-5-30daisen 079
すっきり晴れ渡った大山を堪能してもらいたかったんですが少し残念でした。

手前の方のブログ「かっちゃんのちいさな旅
スポンサーサイト



Be My Baby いとしのベイビー

岡山市民劇場453回例会
16-5ポスター
加藤健一事務所

水と油のスコットランドの男とイングランドの女の珍道中
養子の赤ちゃんを巡るやりとりの中で二人のわだかまりが解ける

笑撃のハッピーエンド・・・うーんなるほど 阿知波悟美さん最高です。

リトル比良、八雲ヶ原、武奈ヶ岳

とりあえず全行程をアップしました。 みんなの苦闘ぶりをご堪能下さい。
ホームページにアップできました。誠に遅くなりお詫びの言葉もありません。

14,15日総勢11人で行ってきました。

2016-5-14map001.jpg

2016-5-14map002.jpg

2016-5-14buna 003
JR湖西線近江高島駅裏の駐車場 一日300円
男5人、女性6人 7時出発

2016-5-14buna 007
駅から歩いて15分程度 リトル比良登山口 大炊神社

2016-5-14buna 017
途中の白坂 遠くに琵琶湖

2016-5-14buna 023
岳山 9時

2016-5-14buna 026
オーム岩10時 今日の行程のやっと三分の一ほど 樹林帯の単調なアップダウンが続く
やっと眺望が開けるがいくらも登っていない

2016-5-14buna 038
鵜川越11時40分 さんざん歩いて車道に出る ハイキングツアーバスが待機
リーダーのMD君がこれからが本格的な登りになると言う おいおいホンマか!!
ネムテー、腹減った!! 正直、いささかげんなり、早くテントを張ってくつろぎたい

2016-5-14buna 044
寒風峠13時10分 急登続きで汗だく MD君曰く、まあ半分かな
比良山系恐るべし、たった1200㍍となめてかかったのが運の尽き

2016-5-14buna 052
ヤケ山を過ぎて来たルートを眺める 手前のピークがヤケ山

精鋭を選抜したはずのハイキング隊だったが過酷なルートに音を上げる
20160514-15 比良山系縦走_4-4

20160514-15 比良山系縦走_5-1

2016-5-14buna 118
みんながんばれーー!!

2016-5-14buna 055
ついに行き倒れが出たか? 元気なみほちゃんは早めについてお昼寝

2016-5-14buna 059
岩を見たら登らずにはいられない この二人はもうちょっと荷物を持たさにゃおえん
ヤケオ山15時25分 疲れもピーク 弱ったメンバーの荷物を取る

20160514-15 比良山系縦走_5-5
標高も上がり少し涼しくなる 琵琶湖が見渡せる

2016-5-14buna 070
釈迦岳16時30分 もうちょっとじゃ!!

20160514-15 比良山系縦走_6-3
この池を渡ったら幕営地 スキー場だったときは埋めていたが掘り返したそうだ
冬のアルパインよりでかい荷物

2016-5-14buna 074
八雲ヶ原17時20分とうちゃこーーー!! 完全にのびたーー!!えれかったーー!!
比良山スキー場がかつてあった場所

20160514-15 比良山系縦走_6-6
ダンロップの6テンを2張り

20160514-15 比良山系縦走_6-9
体調を崩したNさんも野獣こと「ハマッチ」、ゆみ姉さん、きよみ姉さんのサポートで到着
医療の専門がメンバーにいると心強い

20160514-15 比良山系縦走_6-14
まさこ姉さんが用意した高級なお肉 目を見張るまりちゃんとさおりちゃん

20160514-15 比良山系縦走_6-15

20160514-15 比良山系縦走_7-5
15日、岡労定番の朝食 フランスパン4本をぺろり

2016-5-14buna 100
武奈ヶ岳頂上 強風が吹き荒れる

20160514-15 比良山系縦走_9-9
三脚を石で押さえて撮影

2016-5-14buna 117
頂上にまつられた石仏

2016-5-14buna 137
北比良峠を経てイン谷口に下山 可憐なイワカガミ

2016-5-14buna 156
比良駅付近から

2016-5-14buna 162
近江高島まで電車で移動 マキノ高原温泉「さらさ」で汗を流して帰る。
名神道は混雑が予想されるので舞鶴若狭道小浜IC経由で中国道に回る。

今回の山行は滋賀在住のMD君の案内で実施した。
夏のアルプス山行のまたとない訓練になった。MD君の配慮に感謝の言葉もない。

前穂高岳 奥明神沢

ホームページにアップしました

5日こどもの日、岳沢をベースに奥明神沢を前穂までピストンしてきました。

3日の朝に岡山発、平湯温泉あかんだな駐車場を目指す。連休で渋滞した
高速道で手間取り、平湯温泉着は5時半、今日は上高地まで入るつもりだったが
無理なので平湯キャンプ場でオートキャンプをする。

2016-5-3maeho 008
ダンロップ山岳テント3人用 タープはもちろんオートキャンプ用品など一切なし
夜半過ぎ予報通り風雨が強まる 背の高いオートキャンプテントは大変だが俺たちは熟睡

2016-5-3maeho 012
4日朝、急速に天気は回復した、9時過ぎ上高地着のんびり岳沢に向かう

2016-5-3maeho 017
河童橋でMiki姉とHさん

2016-5-3maeho 027
小猿を連れている

2016-5-3maeho 040
岳沢登山道は雪がない 岳沢小屋間近でやっと雪渓が出てくる

2016-5-3maeho 059
南稜ルートを望む 岳沢大滝はすごい水量 頂稜の三つ並んだピークがトリコニー

2016-5-3maeho 070
中央のピークが前穂 右のコルに突き上げるのが奥明神沢 明日はあそこを登る

2016-5-3maeho 075
岳沢小屋 例年造成されるテン場は雪不足のため今年はなし
連休後半悪天の予報のため入山者は少ない
夜半前から降雪、風も強まる 明日の予報は回復基調だが稜線は風が吹き荒れるらしい

2016-5-3maeho 084
5日朝、稜線のガスは取れないがまあ大丈夫と判断
4時半過ぎ体調の優れないMiki姉をテントに残しHさんと二人で先頭を切って登り出す
後続が三々五々続く

2016-5-3maeho 085
単独の元気な兄さんが先頭を変わってくれる
雪面はガチガチ 夕べの雪は所々に吹きだまっている

2016-5-3maeho 096
奥明神沢からダイレクトルンゼを登る 核心部を過ぎて頂上まであと少し
晴れていればすばらしい眺めだろう

2016-5-3maeho 097
雷鳥がいた

2016-5-3maeho 113
頂上直下の指導標 右へ行けば紀美子平

2016-5-3maeho 106
氷点下8℃ 3時間かかった

2016-5-3maeho 120
下山途中、ダイレクトルンゼと奥明神沢の合流点 奥明神沢を下山してくるグループ

2016-5-3maeho 136
直ちに撤収して上高地に下山する 観光客で賑わう河童橋
2時前のバスに乗る 帰りの高速も渋滞 岡山着は日が変わった

今回の山行はMD君の気象情報メールに助けられた 感謝
プロフィール

ならづのオッチャン

Author:ならづのオッチャン
岡山市郊外の「吉備の中山」を眺められる地区が住み処です。時々「吉備の中山」を歩いています。

性格は少し短気ですが決して「ならず者」ではありません。山と演劇鑑賞を愛する平和なオッチャンです。

所属している「岡山勤労者山岳会」では会員を募集中です。
メールフォームからご連絡をお願いします。詳しく案内をします。

同じく「岡山市民劇場」でも会員を募集中です。
カテゴリ中の市民劇場をクリックしていただければ詳しい説明があります。

リンクの「山行とハイキングの記事一覧」をクリックすればブログ内の記事にかんたんにアクセスできます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
私のHPです
ならづもの登山記
ブログにアップされた記事から選んでHPに編集します。
カウンター
FC2ブログランキング
ランキングに参加しております

FC2Blog Ranking

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード