FC2ブログ

剱岳早月尾根ピストン山行

ホームページにアップしました

剱岳早月尾根を日帰りで往復してきました
台風と秋雨前線で天気が気になりますが晴れ男、晴れ女パワーを信じたい
当初は南ア北岳バットレス第四尾根登攀の予定でしたがクライミングはさすがに厳しい
27日朝、岡山を出発Miki姉と二人で馬場島へ

2016-8-27babajima10.jpg
馬場島野営場でオートキャンプ 霧雨が降ってますが大きく崩れることはなさそう
テン場、駐車場どちらも無料 トイレ和式ながら水洗清潔
今回の山行は新車のベンツでアプローチ

2016-8-27babajima12.jpg
試練と憧れの碑 右奥が登山口

28日 3時出発 同じく日帰りの若者二人がほぼ同時に登り始める
この二人とは途中前後しながら進むが下山も一緒になった

2016-8-28hayatuki4.jpg
出発から3時間経過1920㍍三角点のすぐ下あたり 猫又山

2016-8-28hayatuki15.jpg
順調に進んで早月小屋に7時過ぎに到着 背後に剣御前

2016-8-28hayatuki35.jpg
2400㍍付近から剱岳 快晴ながら午後から崩れるようなので急ぐ

2016-8-28hayatuki44.jpg
2600㍍付近から早月小屋 尾根の末端が馬場島

2016-8-28hayatuki73.jpg
獅子頭の鎖場

2016-8-28hayatuki 78-1
カニのハサミ

2016-8-28hayatuki79.jpg
獅子頭とカニのハサミが重なって一つに見える 遠くに海岸線

2016-8-28hayatuki86.jpg
別山尾根との分岐標識 頂上はすぐ上だ いつの間にか雲が多くなっている

2016-8-28hayatuki91.jpg
10時半に到着 休憩を含んで7時間半かかった

2016-8-28hayatuki100.jpg
Miki姉に向かってすぐ右が五龍岳、さらに右が鹿島槍ヶ岳

下りは10時50分スタート、早月小屋が1時過ぎ、一服して1時半に腰を上げて馬場島に5時過ぎに着く
天気は崩れることなく持った

早月尾根は小屋から上は鎖場はもちろん、もろい岩場が続く、さらに崩落個所がたくさんあり
新しくルートを付けたところがあちこちにある 小屋から下も段差が大きい箇所が多く手間がいる

標高差2200㍍は半端ではない それでも日帰り組が男3人組、男女ペア、我々とほぼ同一行程の2人
単独者が2,3人 例外なく若者、みんな速い 我々はよく頑張ったと自分達でほめたい

疲れているのでそのままテントに倒れこみたいところだが片付けて温泉に行く
そして北陸道へ入るがへとへとなのでSAで日付が変わるまで寝込む
岡山到着は明け方になった ベンツは乗り心地もいいが寝心地も最高だった
スポンサーサイト



赤星山、豊受山

今日の計画は暑いといって家に籠ってばかりいると体がなまるので
渓谷沿いの涼しい登山道をたどって、気になっていた二座を一気にやっつける計画だ。

野田登山口から皇子渓谷沿いに滝を愛でながら1200メートルの標高差を登る。
厳しいルートだがいいトレーニングになる。
2016-8-12akabosi83.jpg
以前登ったのが2000年、16年ぶり こんな橋は無くて流れを右に左に飛んだ記憶がある

2016-8-12akabosi7.jpg
30分ほどで機滝(はただき)すぐに紅葉滝、続いて布引滝

2016-8-12akabosi8.jpg
布引滝

雨が降っていないせいか水量が少ないさらに上の千丈滝はかろうじて流れていた

2016-8-12akabosi34.jpg
10時ちょうど到着 3時間10分 しかし16年前は2時間40分で登っている
しかも予讃線赤星駅から登山口まで1時間弱を歩いてアプローチしている
標識の向こうに二つ岳、赤石山系が望まれる

2016-8-12akabosi29.jpg
瀬戸内海を望む

2016-8-12akabosi30.jpg

2016-8-12akabosi39.jpg
豊受山を望む 赤星山1453.2㍍から豊受山1247.4㍍まで標高差200㍍以上下るが
思った以上にアップダウンがある

2016-8-12akabosi46.jpg
赤星山からの尾根道 樹木に覆われてところどころの露岩しか眺望は得られない

2016-8-12akabosi45.jpg
分岐から頂上まで50㍍とある 着いたと思ったらにせピーク
さらに100㍍以上先だった 赤星から1時間40分 眺望はない

2016-8-12akabosi64.jpg
野田登山口へのルートを進む 上部は杉の植林帯だが下部は雑木の急降下になる

2016-8-12akabosi65.jpg
えんやこらしょ、どっこいしょ 遊び心満載 2時間で野田登山口着

登山口で流れに入って体を冷やす 気持ちよかった

続報 槍ヶ岳

お待たせしました 槍ヶ岳山行ホームページにアップしました

明けて31日 未明の3時 満天の星空の下 水俣乗越で稜線に出て
槍ヶ岳を目指す

2016-7-31yari-xp-46.jpg
間近に迫る

速報版 槍ヶ岳 田中陽希君に出会う

7月30日上高地から槍沢ババ平野営場に向かう途中
徳沢で「ヤマケイ涸沢フェスティバル2016」のイベントを開催していました。
出店ブースで試供品などを貰いました。その際、田中陽希君が涸沢から
徳沢に向かっているという情報が入りました。もしかしたらという期待を抱き
会場を後に横尾まであと少しの11時過ぎ前方から走ってくる人物に

「キターーー!!田中陽希ダーーー!!」「ほんものじゃーーー!!」
IMG_1327-2.jpg
足を止めてゴメンナサイ 俺も一緒に写りかったけど無理は言えませんでした
プロフィール

ならづのオッチャン

Author:ならづのオッチャン
岡山市郊外の「吉備の中山」を眺められる地区が住み処です。時々「吉備の中山」を歩いています。

性格は少し短気ですが決して「ならず者」ではありません。山と演劇鑑賞を愛する平和なオッチャンです。

所属している「岡山勤労者山岳会」では会員を募集中です。
メールフォームからご連絡をお願いします。詳しく案内をします。

同じく「岡山市民劇場」でも会員を募集中です。
カテゴリ中の市民劇場をクリックしていただければ詳しい説明があります。

リンクの「山行とハイキングの記事一覧」をクリックすればブログ内の記事にかんたんにアクセスできます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
私のHPです
ならづもの登山記
ブログにアップされた記事から選んでHPに編集します。
カウンター
FC2ブログランキング
ランキングに参加しております

FC2Blog Ranking

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード