FC2ブログ

雪彦山 三峰、地蔵東稜

三峰東稜から継続で地蔵岳東稜にりょう君と行ってきました

2016-9-24seppiko3.jpg
三峰2ピッチ目

2016-9-24seppiko 6
3ピッチ目

2016-9-24seppiko 12
50㍍の懸垂

三峰頂上から不行(ゆかず)岳とのコルに懸垂下降、さらに温故知新の取り付点まで
バンドをトラバース、そこから地蔵岳東稜の取り付点まで懸垂下降と滑りやすい沢を
下降してとりつく

2016-9-24seppiko 16
地蔵岳東稜終了点つまり頂上から 不行岳「温故知新」を登る2人組
スポンサーサイト



八百屋のお告げ

岡山市民劇場456回例会
2016-7003-1.jpg
グループる・ばる公演

松金よね子さん、岡本麗さん、田岡美也子さん 3人の女優で結成された演劇ユニット
前回「片付けたい女たち」から3年ぶりの来演
前作同様3人のやりとりが掛け合い漫才のようにテンポよく進みます。

3日後に死ぬと予言されて最後の1日どう過ごす・・・まあ思いも及ばないが
関わり合いになった男たちも巻き込んでジタバタするが人が生きていく意味とは・・・
テーマは重たいんですがとりあえず笑える。フニクリ・フニクラの合唱はとてもよかった。

小豆島拇岳 赤いクラック

3年ぶりに拇(おやゆび)岳に行ってきました。
夏も終わってそろそろシーズンかなと思いましたが我々だけでした。

2016-9-10oyayubi33.jpg
千羽ケ嶽371.1㍍を背景に聳え立つ

2016-9-10oyayubi14.jpg
赤いクラック1ピッチ目「野獣」ハマッチがトップ、セカンドはりょう君

2016-9-10oyayubi20.jpg
私はMiki姉を引っ張る

2016-9-10oyayubi22.jpg
4ピッチ目ビレイ点のテラス

2016-9-10oyayubi27.jpg
頂上のビレイ点 字が彫られた跡がある 岩の上が頂上

2016-9-10oyayubi28.jpg
橘の集落

2016-9-10oyayubi25.jpg
内海湾

2016-9-10oyayubi30.jpg
頂上で記念撮影したかったが岩の隙間にハチの巣ができている
ハチを刺激しないように少し下で撮影

2016-9-10oyayubi36.jpg
オートビレッジよしだでオートキャンプ 温泉もある
11日は吉田の岩場でフリークライミング

三江線(ローカル線を考える)改題

JR西日本は2018年4月に三江線を廃止すると発表しました。
それに先立って8月24日に全線を乗ってきました。
2016-8-24sankou6.jpg

2016-8-24sankou7-1.jpg
地元自治体はこんな冊子まで作って活性化しようと頑張っていましたが残念な結果になりました

2016-8-24sankou1.jpg
同期会の旅行です 酒を飲みすぎて大きな声で騒ぐから車掌に注意される
9時4分岡山発の特急「やくも」で出雲市まで、乗り換えて特急「スーパーまつかぜ」で江津へ

2016-8-24sankou2.jpg
三江線108.1㎞の起点
15時17分発429D、終点三次まで直通はわずか2本
ところが沿線の竹が倒れて江津着14時49分の列車の到着が遅れる
この列車が折り返しの三次行きになるので結局発車が20分程度遅れる

2016-8-24sankou3.jpg
江の川に沿ってのんびり走る
乗客は15,6人ほどだが地元民は2,3人であとは「鉄ちゃん」ばかり

2016-8-24sankou4.jpg
浜原駅、江津から50.1㎞ 昭和50年に全通するまで「北線」の終着駅
江津行き17時4分発の430Dが発車する

2016-8-24sankou8.jpg
昭和50年に開業した「新線」区間 この間は列車のスピードが上がる
高架の宇都井駅

2016-8-24sankou5.jpg
口羽駅 ここから三次までが「南線」
列車はすべて120系気動車のワンマン列車
トイレが故障して停車中に駅のトイレを使うように案内された

三次駅18時47分着、1日中乗りっぱなしでへとへとだ
駅前旅館に投宿 翌日福塩線で帰岡
福塩「北線」塩町~府中も草深いローカルだが三江線よりは客が多い

2016-8-24sankou9.jpg
旅館の夕食「わにづくし」三次名物「サメ」の肉です くせもなく案外淡白でした

三江線に乗ってみていろいろ考えさせられた
なるほど現在の利用状況から見れば廃止も致し方ないといえるだろうが
昭和の初めから営々と建設を進め戦争による中断もあり全通したのは遅れること昭和50年。
しかし、この間注ぎ込んだ資金と関係者の努力に見合った経営努力を国鉄とJR西日本が
したのかといえば大いに疑問がある。

鉄道建設公団の手によって全通した昭和50年当時すでに交通の主役は
自動車に移っていた。国鉄は毎年巨額の赤字を垂れ流し、三江線も
赤字ローカル線をまた一つ押し付けられたぐらいの位置づけだったのだろう。

故宮脇俊三氏が江津を早朝出て福塩線経由で福山から新幹線に乗り継ぐ
急行列車の構想をエッセイに発表していたのを覚えている。
ところが全通当初、急行はおろか直通列車の設定もなかった。

いかに当時の国鉄がやる気がなかったかダイヤが証明している。
新線区間は高架鉄道でスピードも出せるが、両端の旧線は簡易線規格で
建設されたままであり、例えれば高速道路の取り付け道路が未改良のまま
というあり得ない事態になっていた。

せっかくの陰陽連絡の新線を開通させながら有効に活用できなかった(しなかった)
地方線区の高速化(鳥取~米子間など)に自治体が乗り出したのは最近のことだ。
全通当時の三江線に適用されていれば事態は大きく変わったと思うがどうだろう。
当時その発想を求めるのは無理だったかもしれない。だが国鉄に丸投げでは放置されておしまいである。
一例として分割・民営化の時、廃止、第三セクター化の対象になった路線の中で伊勢線(現伊勢鉄道)
は当時の国鉄の消極的な経営策のせいで本来、関西線と紀勢線を短絡する重要線である
にもかかわらず切り離されたとの指摘もある。

三江線は本来廃止対象線区だったが並行道路未整備の理由で免れている。
そしてJR西日本に移管されたが状態は改善されることはなかった。
利用減による間引き、経費節減のための交換設備の撤去、徐行運転の常態化
により到達時間が伸び、増発もできなくなっている。悪循環そのものである。

利用したくてもできないようにしていると言わざるを得ないのである。
バス転換の資金をいくらかJR西日本が提供して幕引きだろうが
中山間地のバス路線も維持に苦労しているのが実態である。
地方創生と言いながらこの国はどこに向かっているのだろうか。
プロフィール

ならづのオッチャン

Author:ならづのオッチャン
岡山市郊外の「吉備の中山」を眺められる地区が住み処です。時々「吉備の中山」を歩いています。

性格は少し短気ですが決して「ならず者」ではありません。山と演劇鑑賞を愛する平和なオッチャンです。

所属している「岡山勤労者山岳会」では会員を募集中です。
メールフォームからご連絡をお願いします。詳しく案内をします。

同じく「岡山市民劇場」でも会員を募集中です。
カテゴリ中の市民劇場をクリックしていただければ詳しい説明があります。

リンクの「山行とハイキングの記事一覧」をクリックすればブログ内の記事にかんたんにアクセスできます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
私のHPです
ならづもの登山記
ブログにアップされた記事から選んでHPに編集します。
カウンター
FC2ブログランキング
ランキングに参加しております

FC2Blog Ranking

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード