FC2ブログ

ぺてん師タルチュフ

岡山市民劇場475回例会 無名塾
19-11nakadai.jpg
仲代達矢主演

待ちに待った仲代達矢、5年前の「ロミオとジュリエット」が
最後といわれていたので来演は素直にうれしい

敬虔な神職者を装い、主人の財産かすめ取り、その上妻までたらし込もうとする
稀代の悪党「タルチュフ」!!
主人の「オルゴン」はタルチュフが妻に言い寄る姿を見て正体を見抜いたが後の祭り
神職者の仮面を脱ぎ捨て卑しいぺてん師の正体を現した「タルチュフ」さあどうなるのか
最後のどんでん返しまで目が離せませんでした。

主人の前では敬虔な神職者の顔、妻に言い寄る卑しい顔、そして正体を現したときの
ぺてん師本来の顔、変幻自在の演技に圧倒されました。

演劇に出会えて良かった、仲代さんの生の演技を観られて本当に良かった。


スポンサーサイト



大山 烏ヶ山

快晴の9日土曜日かりんさんとみき姉さんとご一緒しました

2019-11-09 karasu (3)
抜けるような青空

2019-11-09 karasu (5)
新小屋峠登山口

2019-11-09 karasu (13)
稜線に出ると烏ヶ山が覆い被さるように迫る

2019-11-09 karasu (17)
眼下に鏡ヶ成、その背後は擬宝珠さらに大ナメラ、皆ヶ山、上蒜山と連なる

2019-11-09 karasu (18)
矢筈ヶ山

2019-11-09 karasu (20)
西から眺めると文字通り翼を広げた烏そのものだが
こちら側からは本峰のドームが迫ってくる

2019-11-09 karasu (26)
正面登山道と合わさってすぐに宇多田岩

2019-11-09 karasu (29)
南峰

2019-11-09 karasu (31)
一旦コルに下がって登り返し 足もと悪し

2019-11-09 karasu (35)
とうちゃこ

2019-11-09 karasu (36)
雲が出てきた

2019-11-09 karasu (46)
登路に採った新小屋峠からの尾根

2019-11-09 karasu (47)
紅葉は盛りを過ぎているが息をのむようだ

2019-11-09 karasu (49)
標柱は新小屋峠との分岐 正面からの道はこの直下が大きく崩壊して危険

2019-11-09 karasu (54)
地震で崩壊してその後も安定しない

2019-11-09 karasu (57)
刈り払いをしていないのでクマザサをかき分けるように進む
結論として新小屋峠からの登山道を上った方が安全快適だ
プロフィール

ならづのオッチャン

Author:ならづのオッチャン
岡山市郊外の「吉備の中山」を眺められる地区が住み処です。時々「吉備の中山」を歩いています。

性格は少し短気ですが決して「ならず者」ではありません。山と演劇鑑賞を愛する平和なオッチャンです。

所属している「岡山勤労者山岳会」では会員を募集中です。
メールフォームからご連絡をお願いします。詳しく案内をします。

同じく「岡山市民劇場」でも会員を募集中です。
カテゴリ中の市民劇場をクリックしていただければ詳しい説明があります。

リンクの「山行とハイキングの記事一覧」をクリックすればブログ内の記事にかんたんにアクセスできます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
私のHPです
ならづもの登山記
ブログにアップされた記事から選んでHPに編集します。
カウンター
FC2ブログランキング
ランキングに参加しております

FC2Blog Ranking

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード